お問い合わせ

資料ダウンロード

2024.05.31 電子黒板

電子黒板の機能とその革新性: 今日の教育現場における活用法

電子黒板とは?-デジタル時代の教育ツール

電子黒板は、従来の黒板と比較して圧倒的な機能性を持ち、デジタルコンテンツを活用することで教育の質を向上させます。ペンや指で直接画面に書き込みができ、操作も簡単で直感的です。

電子黒板は、大画面で高解像度のディスプレイを使用し、生徒たちにより鮮明で詳細な視覚的情報を提供します。タッチスクリーン機能により、直接画面に触れて様々な操作が可能になり、教育現場でのインタラクティブな学びを促進します。

 

主な機能と教室での利用例

画像・動画の投影と授業への応用

電子黒板は、非常に高画質な画像や動画の投影などが可能なため、教科書では表現しきれない部分もよりイメージしやすい画像などを用い説明することができます。

たとえば、生物学の授業では細胞分裂のプロセスを動画で示すことができ、学生たちは文字で説明されるよりもはるかに詳細な視覚的理解を得ることが可能です。

また、地理の授業で自然災害の映像を投影することで、実際の災害時の状況を生徒にリアルタイムで体感させ、理解と記憶の向上を図ることができます。このように、電子黒板を使ったビジュアル学習は、特に視覚的な情報が重要な役割を果たす科目で生徒の学習効果を大幅に向上させます。

 

文字の書き込みと保存

教員は授業中に重要なポイントを電子黒板に書き込み、その内容をデジタル形式で保存&共有することができます。この機能を利用することで、生徒は授業の全体的な流れを逃さずに後から復習が可能となります。

また、欠席した生徒もこれらのデジタルノートを活用して自宅で授業内容を学習することができるため、学習の機会を逃すことがありません。この機能により、授業の柔軟性とアクセス性を高め、全ての生徒に平等な学習機会を提供することが可能です。

 

データと資料の活用

電子黒板を利用することで、教材や資料をデジタル形式で管理しやすくなります。これにより、教員は授業の準備をより迅速かつ効率的に行うことができ、教室での時間をより教育活動に集中させることが可能です。

たとえば、歴史の授業で使用する古文書や地図をデジタル化し、それらを簡単に拡大表示したり、特定の部分に注目を向けることができます。また、数学の授業では複雑な図形を電子黒板で直接描画し、それを保存・共有することで、生徒が家でも具体的な問題解決方法を学べるようになります。

このように、デジタル資料の活用は、授業の質を向上させ、教育効果を最大化するための重要な手段です。

 

ミライタッチならChromeOS Flex搭載なのでGoogle Workspace for Educationの利用が可能

Googleのアプリケーション

MIRAI TOUCH for ChromeOS Flexなら生徒のタブレットと電子黒板をシームレスに連携できるため、これまで以上に授業を効率的に進められます。

また、Google Chromeブラウザを直接使えるため、授業支援ソフトやデジタル教科書を大画面で映し出すことが可能です。

より詳細な特徴や機能については「ChromeOS Flex搭載モデル | 【公式】ミライタッチ」のページをご確認ください。

 

電子黒板の種類と選び方

電子黒板の種類と選び方

電子黒板にはタッチディスプレイ型、プロジェクター型、ユニット型の三つの主要なタイプがあります。各タイプは使用シーンに応じた特性を持っています。

  • タッチディスプレイ型

 直感的な操作が可能で、鮮明な画像を提供します。小規模な教室や会議室に最適ですが、スペースや故障のリスクを考慮する必要があります。

  • プロジェクター型

 大規模な教室や講堂に適しており、大画面で情報を伝えられます。画質の劣る点や設置工事の必要性がデメリットです。

  • ユニット型

既存のデジタルデバイスにユニットを追加して使用するため、コストを抑えられますが、性能は基本デバイスに依存します。

選ぶ際は、使用環境と予算を考慮し、必要な機能を満たすタイプを選ぶことが重要です。

より詳しく種類や選び方について知りたい方は「電子黒板の種類と選び方:あなたのニーズに最適なモデルを見つけよう」の記事も参考にしてみてください。

 

導入から活用までのケーススタディ

福岡市立西都北小学校での活用事例

福岡市立西都北小学校でミライタッチを活用している様子

福岡市立西都北小学校では、ChromeOS Flexを搭載した電子黒板「ミライタッチ」が導入され、教育現場の変革が進んでいます。従来のプロジェクターでは、教師のPC画面を単に投影することに限定され、黒板スペースも制限されていました。しかし、「ミライタッチ」の導入により、Google Workspace for Educationの活用が可能となり、教室内でのデジタルツールとのシームレスな連携が実現しました。

この革新的な電子黒板は、教師がデジタル教科書を投影しながら、画面を直感的に拡大縮小することができ、音声も流すことが可能です。生徒たちは以前よりも集中して授業に参加できるようになり、授業の効率も大幅に向上しました。また、ミライタッチは移動可能であるため、学年集会など大規模な授業も容易に実施でき、教室のみならず、体育館での活用も可能です。

特に注目すべきは、生徒たちが自らの考えやアイデアを自由に表現し、発表する授業が実現している点です。各生徒はChromebookで作成したプレゼンテーションを「ミライタッチ」に投影し、クリエイティブな表現を通じて学びを深めています。これにより、生徒たちは情報を視覚的に捉え、理解を促進すると共に、プレゼンテーションスキルも養われています。

参考:「福岡市教育委員会/福岡市立西都北小学校 | 【公式】ミライタッチ

 

広島県広島市 藤の木小学校での活用事例

広島県広島市 藤の木小学校でミライタッチを活用している様子
広島市立藤の木小学校では、MIRAI TOUCH Cシリーズ S65E1P電子黒板の導入により、授業の質が大幅に向上しました。この電子黒板は、その大画面とクリアな映像品質により、視覚的な学習を効果的にサポートしています。特に、ミライタッチの書き心地の良さと、インターネット接続や内蔵テレビ機能を活用することで、一台で多様な教育活動が完結できる点が特長です。

導入後、生徒たちは授業により積極的に参加するようになり、教室全体の学習環境が活性化しました。教師はデジタル教材を用いた授業をスムーズに進めることができ、生徒一人一人が自分の意見や考えをクリアに表現する機会が増えました。また、特別支援教室では、さまざまな学年の生徒が同時に異なる内容を学べるようになり、視覚的にも支援が必要な生徒には大画面で情報を提供することが可能です。

ミライタッチは、書き込みから拡大、インターネット検索、テレビ視聴まで、一台で多くの機能を提供し、教育の現場での利便性を極めて向上させています。このような高機能電子黒板の導入は、教育現場におけるデジタル化を推進し、より豊かな学びの環境を生み出しています。

参考:「広島県広島市 藤の木小学校 | 【公式】ミライタッチ

 

まとめ

電子黒板は、従来の黒板を進化させたデジタル教育ツールです。これは大画面と高解像度ディスプレイを特徴とし、直感的なタッチスクリーン操作を可能にしています。主な機能には、高品質な画像や動画の投影が含まれ、これにより科学や地理などの授業で視覚的にリッチな教材を提供できます。

また、教員は授業の重要ポイントを書き込み、デジタル形式で保存・共有することが可能で、生徒は授業内容を逃すことなく復習できます。さらに、教材や資料をデジタル形式で簡単に管理でき、授業の準備が効率的になります。ChromeOS Flexを搭載した電子黒板では、Google Workspace for Educationを活用し、タブレットとのシームレスな連携が授業をさらに効率的に進める手助けをします。これらの機能により、電子黒板は教育現場での学習効果を大幅に向上させています。

この記事の著者

ミライタッチ編集部

ミライタッチ編集部

ミライタッチは、1931年創業の“社会貢献事業”会社であるさつき株式会社が開発。皆の夢を叶えて、豊かな未来の創造のお手伝いをすることが、私たちの使命です。コラムでは、電子黒板に関する情報や、教育現場で働く方々に向けた情報発信を行なっています。