お問い合わせ

資料ダウンロード

2024.02.16 ICT教育

電子黒板を購入する場合に補助金は出る? ICT環境の整備・運用における文部科学省の取り組み

文部科学省は、ICT環境の整備・運用を奨励し、教育の質を向上させるために様々な支援策を展開しています。

電子黒板の導入に関しても補助金の提供があるため、学校は最新のテクノロジーを導入しやすくなります。

ICT機器の活用が学習環境の向上に寄与するという理念のもと、文部科学省は積極的な取り組みを進めています。

文部科学省による電子黒板導入の補助金について

文部科学省は、学校におけるICT環境整備を促進するため、電子黒板の導入に対する補助金制度を提供しています。

この補助金は、学校が最新のテクノロジーを取り入れ、効果的な授業を展開するための経費支援を目的としています。

導入に際しては、特に専門的な設備の整備やトレーニングの費用に焦点を当て、円滑なICT環境の構築を支援しています。

文部科学省|学校ICT環境整備事業

ICT環境の整備・運用の補助金一覧

ICT環境の整備・運用の補助金として、下記が存在します。

  • GIGAスクール構想における予算
  • 私立学校施設整備費補助金

GIGAスクール構想における予算

教育のICT化に向けた環境整備5か年計画が進められ、「各学校において、コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整え、これらを適切に活用した学習活動の充実を図る」ことを目的に、予算が配分されました。

目的 GIGAスクール構想の実現
補助金 2018~2022年度

単年度1,805億円の地方財政措置

対象 大型提示装置・実物投影機など

 

文部科学省|【参考】学校のICT環境整備に係る地方財政措置(教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018~2022年度))

私立学校施設整備費補助金

私立学校施設整備費補助金は、私立の大学・短期大学の研究装置の整備、私立の大学・短期大学・高等専門学校の施設の整備や、ICT活用推進事業の一部を補助することにより、私立大学等及び専修学校の教育研究の充実と質的向上を図ることを目的としています。

目的 私立の大学や短期大学、高等専門学校の施設や教育装置の整備、ICT活用、専修学校の防災機能強化や施設環境改善
補助金 私立大学では事業費が1000万円以上のものなど
対象 教育装置の整備、ICT活用など

 

文部科学省|私立学校施設整備費補助金(私立学校教育研究装置等施設整備費(私立大学・大学院等教育研究装置施設整備費))交付要綱

おすすめの電子黒板

電子黒板を購入するか迷っている方に向けて、おすすめの電子黒板を3つご紹介します。

  • ミライタッチ|電子黒板
  • アイリスオーヤマ|電子黒板
  • エプソン|電子黒板

ミライタッチ|電子黒板

ミライタッチの電子黒板で授業をしている様子

引用元:https://mirai-touch.com/

直感的なタッチ操作で自由に情報を編集できるユーザーインターフェースが魅力的な電子黒板です。

豊富な機能性や複数端末との連携により、効率的に授業を進めることが可能です。

デジタルながらもアナログボードのような自然な書き心地の電子黒板であり、クラウド連携によるデータの共有も簡単です。

健常者や障がい者、IT機器の操作が苦手な方など関係なく操作がしやすく、生徒と先生間で適切なコミュニケーションが可能です。

ミライタッチの詳細は「【公式】ミライタッチ | インクルーシブ電子黒板」からご確認ください。

アイリスオーヤマ|電子黒板

アイリスオーヤマの電子黒板

引用元:https://www.irisohyama.co.jp/b2b/eizou/products/electronic-blackboard/

アイリスオーヤマの電子黒板は、革新的な教育ツールとして注目されています。

高性能な書き心地と直感的なタッチ操作により、教師は授業を効果的かつ魅力的に進行可能です。

複数人同時に利用可能で、生徒同士のコミュニケーションも活発化します。

また、ワイヤレスネットワークやデータ保存機能などの機能も充実しています。

アイリスオーヤマの電子黒板の詳細は「教育施設向け 電子黒板 | 製品情報 | 映像事業 | アイリスオーヤマ」からご確認ください。

エプソン|電子黒板

エプソンの電子黒板

引用元:https://www.epson.jp/products/bizprojector/ekokuban/

精細なプロジェクション技術により、鮮明な映像が投影され、豊富な色彩表現が可能す。

さらに、直感的な操作と書き込みの際は手書きの感覚が提供されるため、授業展開もスムーズになるでしょう。

複数の端末との連携やワイヤレス通信により、生徒同士の情報共有や協力が円滑に行えます。

コンパクトなデザインや省エネ機能も備えており、教育現場において使いやすい電子黒板として注目されています。

エプソンの電子黒板の詳細は「電子黒板|ビジネスプロジェクター|製品情報|エプソン」からご確認ください。

まとめ

文部科学省は、ICT環境の整備・運用を推進し、学校における電子黒板の導入に補助金を提供しています。

これは、先進的なテクノロジーを活用することで教育の質を向上させ、生徒たちにより効果的で魅力的な学びを提供するための支援策の一環です。

電子黒板の導入により、ICT環境が整備され、よりインタラクティブで効果的な授業が展開されることが期待されます。

この記事の著者

ミライタッチ編集部

ミライタッチ編集部

ミライタッチは、1931年創業の“社会貢献事業”会社であるさつき株式会社が開発。皆の夢を叶えて、豊かな未来の創造のお手伝いをすることが、私たちの使命です。コラムでは、電子黒板に関する情報や、教育現場で働く方々に向けた情報発信を行なっています。