インクルーシブ電子黒板 MIRAI TOUCH

ミライタッチNEWSお知らせ【プレスリリース】電子黒板『MIRAI TOUCH』と『meet in』 電子黒板とオンラインコミュニケーションツールの連携で、教育現場のデジタル化促進を後押し

お知らせ

2022.07.01

【プレスリリース】電子黒板『MIRAI TOUCH』と『meet in』 電子黒板とオンラインコミュニケーションツールの連携で、教育現場のデジタル化促進を後押し

Press Release

2022年7月1日

さつき株式会社

さつき株式会社(本社:大阪市中央区 代表取締役社長:祖父江 洋二郎 以下:当社)は、オンラインコミュニケーションツールの開発・提供を行う株式会社meet in(本社:東京都豊島区 代表取締役:齋藤 正秋)と商品供給における提携を開始しました。

■提携の背景

文部科学省が取り組んでいるGIGAスクール構想によって、タブレット端末の普及・運用が進み教育現場のデジタル化が加速する中で、学校間・外部とオンライン上でコミュニケーションをとる機会は増えつつあり、接続先の様子を大画面に提示・操作ができる大型提示装置と、デバイスに依存せず使用ができるオンラインコミュニケーションツールの整備が求められています。今回、簡単に外部接続が可能な『meet in』と電子黒板『MIRAI TOUCH』を高い次元で組み合せることで、子どもたちが主体的に外部と意見交換をする機会を増やし、教室と社会を繋ぐ媒介として価値ができるようこの度の提携にいたりました。

■オンラインコミュニケーションツール『meet in』について

『meet in』は面倒なソフトウェアのインストールや、ログインなど一切必要が無く、任意の文字列で接続URLを発行することができ簡単に外部接続が行えるオンラインコミュニケーションツールです。ブラウザで接続が可能なため、GIGAスクール構想で配布されたタブレット端末でもご利用いただけます。株式会社meet in は自然災害や感染症といった脅威におびやかされることなく、教育環境を維持できる仕組みづくりの支援として、オンラインコミュニケーションツール『meet in』を、教育機関・障がい者施設へ2025年3月31日まで無償提供を行っています。

meet in : https://meet-in.jp/

■想定している連携後の活用方法

・学校間、外部講師と電子黒板上でオンライン接続し遠隔授業の実施
 (タブレットのOS/利用会議ツールの異なる環境でも有効)
・子どもたちの様子を大画面で確認しながら授業の実施
・『meet in』のホワイトボード機能への書き込みを、マウスではなくタッチ操作で実施
 (板書データのダウンロードも可能)
・高出力スピーカーの搭載により、特別教室や体育館での授業実施

■『インクルーシブ電子黒板 MIRAI TOUCH』とは

『MIRAI TOUCH』は使う人(健常者、障がい者、老若男女、ITが苦手な方)を限定せず、誰にとっても使いやすいと感じてもらえるような「インクルーシブ電子黒板」をコンセプトに据えた製品です。「書く」「消す」「映す」を簡単に操作できるため、ICT機器に苦手意識を持った先生でも直感的にご利用になれます。

 

今後も、ユーザーの声を反映しながら、さらなるICT環境の発展に貢献して参ります。

 

【お問い合わせ】

さつき株式会社

教育ソリューション事業部 マーケティング担当

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 日比谷国際ビル18階

メール    :info@mirai-touch.com

フリーダイヤル:0120-261-271